医薬品以外でも禁忌が? | バイアグラで昔のような性交を取り戻しませんか?
menu

医薬品以外でも禁忌が?

重なっているパッケージ

バイアグラとグレープフルーツにどういった関連性があるのか。と感じる方がいるかもしれません。
グレープフルーツには「フラノクマリン」と呼ばれる物質が含まれています。
フラノクマリンには体内でバイアグラを代謝(溶かして効果を無くす)する酵素の働きを阻害します。
つまり体内でただひたすらにバイアグラの効果が発揮され続けるということです。
それに対して疑問を抱く人もいるでしょう。
なんでそれがいけないことなの?と。
しかし医薬品というのは作用する時間や効果まで綿密に計算された上で作られています。
つまり過剰に効果を発揮してしまうと、予期せぬ副作用が発生する可能性があるということです。
そのようなことは正直言っていただけませんよね?
自分の中の欲動に従ってバイアグラを飲んだはずが気がつけば病院のベッドの上ということも考えられます。
自分の身を守りたいのであれば賢く立ち回らなければいけません。
グレープフルーツを摂取しないというだけなのですから、バイアグラを飲むことをわかっているのであれば、グレープフルーツとグレープフルーツジュースを摂取しないようにすれば問題はありません。
結局自分次第でしかありません。
どのような意識でバイアグラを飲むのかということです。
しっかりとバイアグラの効果を発揮させたいのであれば、グレープフルーツとは距離を置きましょう。
またフラノクマリンはグレープフルーツ以外にも含まれています。
しかしあまりメジャーな果物ではないために、心配なら調べておく程度で良いでしょう。
そこまで心配なのであればそのような心配をしなくてもいいように立ち回ることが重要になります。
大事なことはバイアグラの効果を発揮することなのですから。
自分の中でそういった意識があればグレープフルーツを断つことなど容易でしょう。