失敗しないためのまとめ | バイアグラで昔のような性交を取り戻しませんか?
menu

失敗しないためのまとめ

緑と白の薬

何をするにしてもバイアグラを飲むならまずは「空腹」を意識しましょう。
食後2時間を開けたとしても腸に油膜が張っていたらバイアグラの吸収効率は限りなく低くなります。
そのために、バイアグラを服用する際には食事とは距離をとったほうが良いかもしれません。

次は併用禁忌のお話です。
バイアグラの副作用である「頭痛」が発生するのを嫌う人が頭痛薬を飲むというのは問題はありませんが、常備薬を服用している人は一度医師に相談したほうがいいかもしれません。
自己判断でバイアグラと常備薬を併用して思わぬ相互作用が発生した場合というのは最悪の場合命に関わります。
自分の体を大切にするのであればそのような併用には充分に注意しましょう。
バイアグラというのは非常に強力な薬ということを忘れてはいけません。
重篤な副作用を招きたくないのであれば自己判断は控えたほうが良いです。

またこれも口が酸っぱくなるほど言いますが、グレープフルーツの摂取は控えてください。
果肉を食べるのはもちろん、ジュースやお酒の割材としてのグレープフルーツもだめです。
グレープフルーツは薬ではありませんが、そこに含まれるフラノクマリンとバイアグラの相性というのは最悪に近いものです。
これも重篤な副作用を招きかねません。
体内に医薬品が残り続けるというのは危険極まりないことなのです。

最後にバイアグラを購入する際に通販を利用するのであればそのサイトが信用に足るかどうかを判断することが大切です。
バイアグラの効果を享受したいのであればより安全で確かなサイトを利用しましょう。
もしそれで粗悪品を売りつけられたらお金としても損をしますし、誤って服用してしまった場合に非常に危険です。
自分を大切にするのであれば値段が相場ぐらいであっても本来のバイアグラを購入することに努めましょう。